あんなことやこんなこと

億万長者と旅をする機会を与えられた僕は、何でも聞いてみようと思いました。
そのやり取りを、小冊子にまとめましたので、こちらからダウンロードしてください。

https://1drv.ms/b/s!AsAGKq1ZlqrnpXWXBBqyHEWIzkVJ

ぜひ、お友達にも見せてあげてくださいね。

--------------------------------------

 

目標ってどんなふうに立ててますか?

↑の小冊子の中で、億万長者のお爺さんが
「やりたいことを一生懸命やったらいいじゃないですか」
って言ってるんですが、

「もっともだなあ~」
って最近思うんです。

って言うのも、最近僕は、住宅リフォームの仕事をあまりしていません。

日中は、クーラーの効いた部屋で、あんなことやこんなことやってます。

これじゃただの変態なんで、きちんと話すと、
・作戦を立てています。
メールマガジンを書いています。
・プロモーションの段取りを立てています。
・広告を考えています。
・ランディングページを作っています。

30日ほど前、このような生活になるといいな~と思いながらも、勇気が出ませんでした。
怖かったんです。

何がって、生活の糧を手放すのがです。
住宅リフォームの仕事が、生活の糧だと信じていました。

今、クーラーの効いた部屋であんなことやこんなことをしていても、そっちからの収入はまだありません。
が、
まったく怖くありません。

リフォームの仕事は、僕がいなくても大丈夫でした。
ただ、チラシ配布と営業だけやってあげれば、K君がみんなやってくれる。
あ、あと集金も、半分僕がやってます。

でも、僕はいなくても大丈夫みたいです。

50日ほど前、ハワイに行くことを決めたときは、
「ハワイに行っている間に、仕事がなくなるかもしれない。
でも、こんな機会二度とないから、迷っているならGO!だな。
でも、怖いな。」
と思っていました。

結果、仕事はなくなりませんでした。

それどころか、あんなことやこんなことを楽しんでいるおかげか、リフォームの仕事も順調になりました。

どうやら僕自身が邪魔していたようです。

やりたいことをやらないで、エネルギーを停滞させていたおかげで、心が閉じていた。
心が開いたら、やりたいことを我慢できなくなり、エネルギーが循環しているのを感じています。

目標って、やっぱり、なりたい状態よりも、やりたいことみたいだなあと。

あんなことやこんなこと

億万長者と旅をする機会を与えられた僕は、何でも聞いてみようと思いました。
そのやり取りを、小冊子にまとめましたので、こちらからダウンロードしてください。

https://1drv.ms/b/s!AsAGKq1ZlqrnpXWXBBqyHEWIzkVJ

ぜひ、お友達にも見せてあげてくださいね。

--------------------------------------

 

目標ってどんなふうに立ててますか?

↑の小冊子の中で、億万長者のお爺さんが
「やりたいことを一生懸命やったらいいじゃないですか」
って言ってるんですが、

「もっともだなあ~」
って最近思うんです。

って言うのも、最近僕は、住宅リフォームの仕事をあまりしていません。

日中は、クーラーの効いた部屋で、あんなことやこんなことやってます。

これじゃただの変態なんで、きちんと話すと、
・作戦を立てています。
メールマガジンを書いています。
・プロモーションの段取りを立てています。
・広告を考えています。
・ランディングページを作っています。

30日ほど前、このような生活になるといいな~と思いながらも、勇気が出ませんでした。
怖かったんです。

何がって、生活の糧を手放すのがです。
住宅リフォームの仕事が、生活の糧だと信じていました。

今、クーラーの効いた部屋であんなことやこんなことをしていても、そっちからの収入はまだありません。
が、
まったく怖くありません。

リフォームの仕事は、僕がいなくても大丈夫でした。
ただ、チラシ配布と営業だけやってあげれば、K君がみんなやってくれる。
あ、あと集金も、半分僕がやってます。

でも、僕はいなくても大丈夫みたいです。

50日ほど前、ハワイに行くことを決めたときは、
「ハワイに行っている間に、仕事がなくなるかもしれない。
でも、こんな機会二度とないから、迷っているならGO!だな。
でも、怖いな。」
と思っていました。

結果、仕事はなくなりませんでした。

それどころか、あんなことやこんなことを楽しんでいるおかげか、リフォームの仕事も順調になりました。

どうやら僕自身が邪魔していたようです。

やりたいことをやらないで、エネルギーを停滞させていたおかげで、心が閉じていた。
心が開いたら、やりたいことを我慢できなくなり、エネルギーが循環しているのを感じています。

目標って、やっぱり、なりたい状態よりも、やりたいことみたいだなあと。

怖いのはなぜだ!

心にブレーキをかける最大の理由って「怖い」っていう気持ちですね。

これは、ある特定の場面で「怖い」って気持ちを引き出してくるメカニズムがあるから、そうなるって言いますよね。


フロイトの原因論で言えば、過去の何かに原因がある。

例えば、幼稚園での発表会で大失敗してしまったとか、小学校の授業で発表したら笑われたとかね。
それがトラウマになっていて、似たような場面で引き出される。

こんな感じですかね。


アドラーの目的論で言えば、これから必要とするものを得るために感情を引き出す。

例えば、「怖い」と思うことで、体を緊張状態にしなくてすむ。
プレッシャーを感じず、いつも通りのリラックスした状態が手に入る。心配してもらえたり、助けてもらえたりする。

そんな感じですかね。


どっちにしろ、ブレーキがかかるわけです。
リミッターが働いちゃうんです。


それはなぜか?

「怖い」という概念を持っているからです。
もうね、そもそも論を言い出すと、これが原因なんですよ。

何かの場面で「怖い」と感じるのは、「心の状態」ですよね。
「体の状態」ではありません。

つまり見えない。

目で見たものを疑えとは言いましたが、見えないものを信用しろって事じゃないんです。


例えば、体から血が出ていたら、どうするでしょうか?
とりあえず止血しますよね?

でも、心の状態は、「何が原因か?」とかって言いだすわけですよ。
手当もしないで、原因究明しようとするんです。

しかもその原因ってのが「怖いという概念を持っているから」って・・・
身もふたもないですよ。


じゃ、心の手当っていったい何なのか?
「癒し」じゃないんですよ。

「快」なんです。
しかも、この「快」には強弱がありますよね?


「怖いことを克服した自分」を想像してみてください。
どんなに強く「爽快な気分」を味わえるか。


これこそが、心の手当てなんですよ。

つまり、怖いって思ったりして、ブレーキがかかったとき、チャンスだってことです。

 

洗脳実験

おはようございます!
坂本さんの挑戦に感動がとまらない下剋上推進委員長森川です。


昨日僕はまた口を酸っぱくして、「世界は心の中で展開している」と言いました。
それを証明しようと、実は

人体実験

を行ったんです。

思い込みを、僕の意志のとおりに、他人に表象させることができるか?実験しました。
つまり、洗脳実験です。

お食事中の方はあとで読んでくださいm(__)m


一昨日、嫁さんと上の娘を連れて、というか娘に連れられて、千葉市中央区までラーメンを食べに行きました。

ええと、僕って脂っこいものを食べると、テキメンに下痢するんです。
それは完全に思い込みで引き起こされていると思っていて、それを嫁さんに刷り込んでみようと思いました。

そうしたら、イメージした(させた)世界を嫁さんが展開すると思って。

僕「あ~またお腹痛くなっちゃうかもな~俺」
ヨメ「え~(笑)腹弱すぎ(笑)」
僕「でもねえ、完全にこんなコッテリしたもの、お腹痛くなっちゃうよ」
ヨメ「毎回なるからね~不思議」
僕「だよね?あ~なんか食う前から腹痛い気がする」

食べ終わってから
僕「あ、やっぱりお腹痛い気がする」
ヨメ「本当~?もう?早くね?」

しばらくたって
僕「あ、やっぱダメかも・・・汗」
ヨメ「あ~やっぱりなるんだ・・・」
僕「あ、パチンコ屋あった!トイレ行ってくる」
ヨメ「本当なんだ~」

ここまでで、会話の度に下痢を表象している嫁さん。
それをイメージさせた僕。

なんと翌日の朝、
ヨメ「下痢した~」

しめしめ( ̄ー ̄)

ね。
表象を利用して、簡単に洗脳できるんですよ。
洗脳された側は、それを洗脳なんて思ってもいません( ̄ー ̄)


つまり、あなたも、
「自分の表象のとおりに、表象をなぞって生きている」
だけなんです。


僕が嫁さんを洗脳したことは、倫理的に問題があるかもしれませんが(笑)

 

もっち55歳が30㎞走り続けることができた理由

おはようございます!
坂本さんの挑戦に感動がとまらない下剋上推進委員長森川です。


僕が今日の今日まであれほど口を酸っぱくして言ってる
「現実は表象したもの」
ってたとえ話だと思ってるでしょ!

※表象・・・心に立像したもの、イメージ


あれね、本当のことなんだってば!

ショーペンハウアーも「意志と表象としての世界Ⅰ」で一番最初に言ってますよ。
「世界はわたしの表象である」

でも、たとえ話だとしか思えないんですよね?

あのね、あなたの目、というか脳の方が嘘ついてたらどうするんですか?
億万長者のお爺さんも言ってたでしょう。

「目で見たものは嘘」

お爺さんの場合「嘘」とまで言い切ってるからね。

これをもっと実感してほしいんですよ。
「目で見たものなんか信用しないぞ」ぐらいにね。

実際、僕らが知ってるのは、目で直接見てる「もの」ではなく、「光」ですよね?
それを脳が立像させて、表象させてるだけでしょう?

それを「現実」とかって、勝手に解釈してるんでしょう?

完全に「表象」ですよ。


昨日、僕の友達の坂本さんが、30㎞走を達成しました。
55歳になった初日に、たった一人で30㎞以上走った。
5時間近く、走り続けた。

そのチャレンジをあなたがするとしたら、どう思いますか?

表象は
「辛そう、大変そう、ケガしそう、できなそう」
って感じですか?

それが嘘なんですよね。

実際、きちんと「やりたいこと」になっていれば、きちんと準備してケガもしないし、大変だったとしても、それ以上の爽快感、達成感、充実感、自己信頼感、いい思い出を、積み重ねることができるんです。

そうなったあとの人生と、そうならない人生のターニングポイントが、
「意志と表象」
なんですよ。

やる気とか、モチベーションとか、テンションとか、そんなものどこも存在してませんよね。
表象しているだけなんですよ。

たとえ話じゃないんだってば!
世界は心の中で展開してるんですよ。

 

シンさんの拳

あ~いいですね!

早速昨日、みずほさんからタクナルラボに
「乗馬」
というチャレンジのお題を頂きました。

これ、実現させたいですよね?
僕だけかな?

こういうとき、必ず自分の中のさえない自分が
「え~でも高そうだし、乗ったことなんかないじゃん」
とかって言いだすじゃないですか。

これってやらない前提ですよね。

やらないってことが最初に決まっていて、それに、もっともらしい理由を付けてますよね。
なぜだろう?

なぜ、やらないことにしたいんですかね?


これぞ、シンさんが言っている
ホメオスタシスとかホメオパシーとか、どっちでしたっけ?
何しろ

恒常性維持機能

が働いてる状態なんです。


恒常性維持機能をま~~律儀に守ろうとするんですよ。
潜ちゃんが。

あいつらグルですね(笑)


でね、
何が言いたいかって言うと、潜ちゃんまたの名を前ちゃんが
「嫌~な気分」
を出してくれるのを待ってたんですよ。

最近リミッターが壊れてしまったおかげで、メタ認知の必要すらなくなってしまって、
どうにも何かが
「できない気がしない」んです。

一つひとつ取り組んでいけば、絶対できるとしか思えない。

で、ハワイの件ほど僕の想定外にあったことはなかったと思っていたら、
結構まだまだありそうで、
それを考えてしまうとワクワクしてしまって、
できないことができていくとか、そういう刺激がないと死んでしまう気がします。

マグロが泳いでいないと酸素が回らなくて死んでしまうように、僕には刺激が重要みたいです。
いや、もしかしたらマグロも、酸素なんぞよりも刺激がほしくて動き回ってるのでは?
そうに違いねえ!
三度の飯より刺激ですよ!

あ~なんかマグロの気持ち分かったわ~よかった~。

でもって、乗馬ですよ。
ねえ。

もっともワクワクする形で体験してやろうじゃないの。
わははは~~!

すいません、今日もオチはなしで。

 

タクナルラボリニューアル!

リミッターの外れてしまった僕は、今、Facebook広告に挑戦中です。
ありがたいことに、実践しているひとが大勢いて、それを読めば誰にでもできますね。
Facebook自体も親切に解説してありますね。

ところで、億万長者のお爺さんが言ってた、
「目で見たものは全部嘘」
という話ですが、どこかで聞いたことがあるでしょう?

そうです。
あれぞまさしく、現象学ですよね。

まあ、現象学では「嘘」とまで言いませんが、
フッサールよりも前に、ニーチェって人が、
「もう、物自体ってやつも無くしていいんじゃね?」
って言いだしたんです。

その流れを受け継いでいるのかいないのか、フッサール
「客観それ自体、真理それ自体の判断を留保しよう」
って言いだして。

つまり、
「これはりんごである」
っていう判断を、一旦留保しようってわけです。

その上で、主観が
「りんごだろ、これ」
って確信した条件っていうのがあるわけですよ。

それを問い直してみようってことです。


でね、
僕はタクナルラボというグループを作って、言葉の定義をし直すという、言葉遊びを展開してみました。

その中で、みんなが
「アハ体験」
することも、たま~にあって、それが面白かった。

で、それだけじゃつまらないって思って、今回、考え直しました。

タクナルラボを、チャレンジをシェアする場として使ってみようと。
チャレンジしタクナル、ですね。

もっと言うと、
「これをチャレンジしようと思っていたけど二の足を踏んでいた。
それは、○○を確信していたからで、その確信の条件は、これとこれとこれ」
というふうに、シェアできたら、みんなの役に立ちそうだと思ったんです。


例によって、最初は意味が解らなくてもOK。
言葉遊びのときのように、チャレンジのみが自分の壁を壊すんで。
そういうチャレンジの場にしたい。

タクナルラボはこちらからどうぞ。

https://www.facebook.com/groups/232307533880447/