哲学

もっち55歳が30㎞走り続けることができた理由

おはようございます!坂本さんの挑戦に感動がとまらない下剋上推進委員長森川です。 僕が今日の今日まであれほど口を酸っぱくして言ってる「現実は表象したもの」ってたとえ話だと思ってるでしょ! ※表象・・・心に立像したもの、イメージ あれね、本当のこ…

今、異次元を創ろう

現象学では、すべてを「主観」に還元します。ようするに、自分の心に浮かび上がった世界として、世界を認識し直してみるんです。世界は心の中に広がっていると。 これが中々むずかしい。言ってる僕でも、世界は外にあるとしか思えない。 だったら、条件を見…

現実=幻想

僕らがなぜ、現実を現実と思ってしまうのかって、本当に面白いですよ。 例えば、僕が地球に住んでいるのは、地球を外から見たからじゃありません。・情報元が信頼できる・みんながそう言ってるなどの条件があります。 だから、「疑えない」 特に二番目すごく…

物事に意味なんかないよ

4年ほど前、僕には師匠がいました。非常にフランクな人で、現象学はその人が情報の出元です。 今は付き合いがないのですが、師匠は「すべてのことに意味なんかないよ」ってよく言っていました。 意味付けしているのはお前だって。かと言って、ニヒリストじゃ…

フロイトがあなたにした洗脳

ジークムント・フロイトをご存知ですか? 彼は精神分析学の創始者で、人文科学のあらゆる領域に影響を及ぼした思想家です。最近注目されるようになった、アドラーの師匠ですね。 フロイトの説は最近では、あまり評価されていませんが、彼の最大の仕事は「無…

信じる力

昨日、疑ってほしいというお願いをしておいて、今日は、信じる力のお話です。 ま、今日はどこかで聞いたことのある話です。リラックスして聞いてください。 僕は常々みなさんに、「確信したものしか存在しない」という話をしてますよね。 それぐらい信じる力…

疑う力

昨日、疑いようもない世界のことを話しておいて、今日は、疑ってほしいというお願いです。 疑ってほしいんです。ぜひ、疑ってほしい。 僕のこのメルマガの内容も、この文字が見えている画面も、この世界も。まずは疑ってほしい。 なぜならば、それが学びとい…

いずれ悔しさも連続性を失う

現実というのは、「確信していること」と言いました。確信しているもの以外は存在しません。 例えていうなら、今、あなたはこのメールをスマートフォンかPCの画面から見ていると思います。 この、スマートフォンとPCが、瞬きした瞬間になくなったとした…

「哲」の起源

「主観と客観は一致するのか?」哲学がなぜ、そんな面倒な事を考え始めたんですかね? 別にいいじゃないですか。他人が見たものがどういうものでも、この世界が現実と証明できなくても、なにも困らない。 日々、普通に、飲んで食って寝てりゃ、それでいいと…