誰もまともに話を聞いてくれない

僕の話し方が悪いのか、相手にストレートに受け取ってもらうってとっても難しいです。

例えば、とある女性に
「とってもチャーミングですよ」
と言っても、
「そんなことありません」
って言われてしまいます。

顔が嘘くさいんでしょうか。

うちで働いているK君に、
「今日、まずはこれをやってね」
と言っても、
「いや、こっち先にしませんか?」
と言われることもあります。

威厳が足りないんでしょうか。
確かに足りませんよ。
分かってます。

大工さんに
「さすがですね~!」
って言っても
「いやあ、とんでもない。まだまだです」
って言われてしまう。

やっぱり顔が嘘くさいんでしょうか。
ちょっと阿部寛に似てる惜しい感じが。


それだけじゃないんです。

嫁さんに、
「明日、あかり(娘)休みだっけ?」
と聞いたりすると、
「授業参観だって言ったじゃん」
って言われてしまいます。

休みじゃないってことで合ってますか?これ。

その前も
「電気代って結構家計のなかで大きい方なの?」
って聞いたら
「違うよ。携帯代だよ。」
とか。

一体、大きい方なのか小さいほうなのか、どっちなんだよ。

「くうぜ~んぜつごの~!」
って叫んでたら
「違うよ。こうだよ。くうぜ~んぜつごの~!」

って何が違うんだよ!!


愚痴みたいになってしまいましたが、かみ合ってないんですよ。
会話が。


これこそが、まったく違う世界を見ていることの証拠なんです。

要するに、相手も、自分が世界の中心なわけですよ。
その中で見ているイメージのみで話をしている。

しかも、それをすり合わせようともしない。


小さいことのように思えますけどねえ。
どうなんだろう?