利根川は人工川

利根川が以前は東京湾に流れ込んでいたのをご存知ですか?

戦国時代、北条を打ち破った豊臣秀吉は、すぐさま、徳川家康に関東を任せると言い、江戸へ転封を命じます。

一つに、江戸という離れた地に徳川家康を置き、自分に攻撃させないこと。
一つに、北条の残党を集結させないこと。
一つに、東北の伊達政宗対策だったことなどが、理由としてあげられています。

江戸に居城を移した家康は、壊れている江戸城の修築も放り出して、毎日のように鷹狩に出かけます。
一説にはこの鷹狩は、地形調査であったといいます。
戦では地形を有利に選ぶ必要があるし、自分の居城を守らなければなりませんからね。

このころ、千葉県北部から茨城県にかけては大湿地帯で、芦原だったようです。
湿地は大軍を足止めするには好都合です。

しかし、徹底的に地形を調査した家康は、ある弱点を見出します。
それが、関宿町
伊達軍が、そこから房総に南下し、江戸の制海権を奪われる恐れがあったといいます。

家康はそれを阻止するために、東京湾に流れ込んでいた利根川を東へ曲げ、銚子へと向かわせます。
さらに、千葉県東金市まで直線道路を作り、軍がすばやく移動できるようにしました。

この道路は今では御成街道とよばれ、家康が鷹狩に使っていたという話ですが、ほぼ直線なんです。
千葉市若葉区までの近道として、僕も使う事があります。

そして、家康がこの世を去り、伊達軍の脅威が去ってもなお、江戸幕府の利根川東遷は終わりません。
この頃には、大湿地帯の排水路として、銚子に向かわせていたようです。

そして、利根川東遷が終了し、大湿地帯は大穀倉地帯となり、江戸は洪水の恐怖から守られることとなりました。
なんと、今、僕らが目にしている利根川は、人工の川だったんですね。

家康が江戸に転封にならず、伊達政宗がいなかったら、茨城と千葉は繋がっており、関東平野は不毛の地でしかなかったわけです。
もっと遡れば、戦国時代が来なければ、そのまんま、大湿地帯が広がっていたでしょうね。

今の関東平野はなく、芦原が広がり、米も取れず、大都市などできようはずもありません。
今の豊かな東京、そして近郊都市、大穀倉地帯は、まぎれもなく、利根川東遷のおかげなんです。

おどろきですよね。
たった一人の武将が、自分の土地を守るために始めたことが、大都市の礎になっているんです。
もっともその人が、天下を取ったわけですけどね。

家康の、臆病とも言えるほどの用心深さ、大胆な行動力。
見習いたいものです。