メタ認知 その後

僕は、メタ認知を手に入れてから、怒りが全く持続しません。

ムカ!っときても、すぐに
「ほほう、なるほどねえ!興味深いね!」
とか思っています。

で、皆さんにも、メタ認知トレーニングとして、「なぜなぜ分析」を勧めました。
その後いかがでしょうか?
ちょっと難しく考えてしまっている人いませんか?

あのね、言っちゃうと、メタ認知ってみんなやってますよ。

例えば、コンビニでくじを引いて、当たった時。
少しうれしかったりして。
その、嬉しがってる自分を

「あら、私ったらこんなことで嬉しがってる。かわいい」

とかって思った事ありませんか?
あれに近いんです。

こんなことで嬉しがってる自分を、外側から見て、かわいいと思っている。
こういう図になってるんですよ。

と、思えば、結構な回数やってるはずなんですよね。

ただ、怒りとか、悲しみとか、強い情動には、結構むずかしい。
だから、できないと思っちゃってるだけだと思います。

コツを知れば難しいことなんかないですよ。

なぜなぜ分析をする時間のない人は、ムカっときたら、それを
「セルフイメージ」
に置き換えてみてください。

例えば、嫁さんが洗い物をためているのを見ました。
「おい#!なんだこのお皿の山は!」
って言いたくなるでしょう?

その時、
「ちょっと待て、なぜ俺は今、怒りを感じた?」
と聞いて、なぜを深堀りするんでなく、
「○○の自分」
を認識したのか考えてみてほしいんです。

これ、
「だらしない嫁」
に怒ってるんじゃないんですよ。

「『いつもきれいにしておいてほしい自分』の願望」
と食い違ったために怒っているんです。

それの証拠に、どんなに洗い物が溜まっていても、平気な人もいるんですよ。
不衛生ですけどね。

なぜなぜを深堀りしている時間がないときは、
「○○の自分」
を探してみてくださいね。